中国へ留学する外国人ランキング 

By
約 1 分
中国へ留学する外国人ランキング 

ニーハオ!イマチュウ代表のバヤシです。

イマチュウは、日本と中国に拠点を持って活動しながら、

最新の中国トレンドをお届けするメディアです。

今日は中国に留学に行く学生について

です。

はたしてどの国の学生が中国に留学に来ているのでしょうか?

中国へ訪れる外国人留学生の数は年間40万人以上

2016年の中国教育部の統計によると、中国に留学に訪れた外国人は

205ヶ国から合計44.2万人以上

が留学で中国へ来ています。

2015年と比べて4.5万人増加しており、増加率は11.3%となっています。

中国に対するネガティブな印象が強い日本人は増えていませんが

その他の国からは勢いがあり、可能性が期待できる国

また仕事が獲得できる国として留学生が集まってきています。

 

中国への留学上位5か国

ではどこの国の留学生が中国にやってきているかをランキングにまとめました。

1位 韓国    7.0万人

2位 アメリカ  2.4万人

3位 タイ    2.3万人

4位 インド   1.8万人

5位 パキスタン 1.8万人

 

中国人留学生が留学先に選ぶ国ランキング

では逆に中国人が留学先に選ぶ国はどんなところが多いのでしょうか

1位 アメリカ    30.4万人

2位 オーストラリア 13.6万人

3位 韓国      9.9万人

4位 イギリス    9.2万人

5位 カナダ     8.7万人

6位 日本      7.8万人

となっています。

日本にも中国人留学生が増えたなぁと思うかもしれませんが

現状はアメリカやオーストラリアを目指す学生が多いです。

 

中国にくる外国人留学生の特長

大学または大学院に留学する学生の数は21.0万人で

中国に留学する学生の約半分です。

その中でも大学生と大学院生の割合は

大学生   14.6万人

大学院生  6.4万人

となっています。

近年盛んに取り上げられている「一帯一路」と呼ばれる政策の沿線にある国からの学生が増えてきています。

中国へ留学する目的として中国語を学ぶ学生の割合は全体の38.2%となっています。

中国語コースには、大学へ編入する為の中国語コースと、語学学校での中国語コースがあります。

それ以外の学生は中国語以外に、それぞれ専門分野を学びに来ています。

教育、理科、工業、農業等の学生の数が近年は増えています。

 

中国政府からの手厚い奨学金制度

4.9万人の学生が中国政府の奨学金を利用しています。

中国にとって、中国語を理解し、将来自国に帰った時に

中国の成長に協業できるような留学生は貴重存在です。

「シルクロード奨学金」と名付けられた新しい奨学金制度は

「一帯一路」の沿線国に対して、1万人の学生に奨学金を与えるものです。

中国の規模と一帯一路にかける本気が感じられる政策です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は中国に来る各国の留学生について説明しました。

中国へ留学する外国人は増えて行っていますね。

今後はIoTの分野や経済の分野でも世界をけん引していく中国ですので

より多くの学生が留学を希望するようになると思います。

 

イマチュウでは最新の中国情報を伝えることを目的に情報発信をしています。

中国留学を留学エージェント以外の方法で格安に行く方法もありますので

興味ある方はご連絡ください。

 

もしよければ記事のシェア、イイネお願いします。

 

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント&意見

*
*
* (公開されません)

イマチュウをシェアする