中国シェアサイクルの大手モバイクとOfoが合併!?

By
約 1 分
中国シェアサイクルの大手モバイクとOfoが合併!?

ニーハオ!イマチュウ代表のバヤシです。

イマチュウは、日本と中国に拠点を持って活動しながら、最新の中国トレンドをお届けするメディアです。

昨日いつものようにニュースを見ていたらこんなニューズが入ってきました。

中国自転車シェアのモバイクとOfo、投資家が合併協議-関係者

モバイクとOfoが合併!!??
事前に情報が無かっただけに結構驚きました。
いま中国で熾烈な争いを繰り広げているモバイクとOfo
その概要と今回の合併騒動のまとめ

中国シェアサイクルの2強 モバイクとOfo

改めて中国シェアサイクルの2強についてまとめました
中国行ったことある人なら分かると思いますが
まぁ至るところに乗り捨てされています。
交通規制が必要だと思いますが、日本でも仕組みを作れば絶対流行ると思います。

シェアサイクルの巨人モバイク

オレンジ色の明るいデザインと圧倒的な資金力でシェアサイクルといえばモバイクという程です。
一時期は圧倒的に市場シェアを占めていましたが、最近はOfoの勢いに押され気味です。
モバイクは中国発祥ですが、既に英国、シンガポール、イタリア、日本にも進出。
会社の拠点は福岡市におきながら北海道で最初に実施導入を勧めています。

モバイクを後押しするのは中国でSNSとして石席捲しているWechat等の通信大手テンセント

6億ドルの資金調達にも成功し、一気に世界展開を加速中

ここ数年の追い上げが凄いOfo

上海に滞在する個人的な感覚としては

最近はOfoの方が多いなぁ感じていたら、実際に現在Ofoの方が多くなっています。

まぁ基本この2社から選んできる感じですね。

実際にOfoはアリババ集団などから7億ドル(約760億円)を調達しています。

まとめ

シェアサイクルの覇権を握るのはどちらかと注目していたら

ここにきてまさかの合併計画

中国企業は大したものが作れないと、言っていた日本の人はたくさんいましたが、

自転車はもちろん新しい先進技術を取り入れるのは中国の方がダイナミックで速く

近い将来はかつて日本の製造業の要である自動車産業も中国系がとってかわり、世界に販売していく流れは止められないでしょう。

モバイク=テンセント(オレンジ色)  Ofo=アリババ(黄色)

最初はテンセントとアリババのIT2強の代理戦争の様相を呈していたのですが

今後は世界市場にむけた合併へと舵を取るのでしょうか

※モバイクの公式発表で「合併の話はない」とのことでしたが真偽は不明です。

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント&意見

*
*
* (公開されません)

イマチュウをシェアする