深圳BYD視察プログラム

中国トレンド

深圳発の大企業は多くありますが、その中でも中国の自動車業界No1を誇るBYDもその中の1社です。

弊社ではBYDの視察ツアーを通してビジネス交流や、生産ラインの見学などを実施しています。

深圳BYDとは

BYD概要

中国名 :比亜迪股份有限公司

設立  :1995年

本拠地 :中国広東省深圳市坪山区

売上  :1059億元(約1.7兆円)

BYDは1995年に設立された自動車メーカーで、創業当初はリチウムイオンバッテリーの生産を行っていました。2003年に自動車業界へ参入し、2005年には世界初のプラグインハイブリッド車を送り出しました。

現在電気自動車の販売台数は世界一を誇っており、中国を代表する企業となっています。本視察ではBYDの歴史や会社の将来展開、生産ラインの見学、新規事業であるモノレールの試乗などを行います。

深圳BYD視察ツアーのアレンジは自由にアレンジ可能

深圳BYDの視察ツアーは1時間のショートコースから、3時間程度のロングコースまでお客様の要望に合わせて自由にアレンジ可能です。

一般的には、

展示ルーム → EV試乗 → モノレール試乗 → 工場ライン視察

という流れが多く、2時間程度の視察となります。

工場ライン見学については、塗装ライン、部品組み立てライン、完成品組み立てラインなど詳細見学も可能です。

弊社のツアーには全て同行スタッフによる通訳ガイドを行います。

BYDの新規事業モノレールに実際試乗可能

BYDが自動車の次に取り組んでいる新規事業にモノレール事業があります。

2017年に開始した新規事業で、既に100億元の投資を行い開発を進めています。BYD敷地内にテストコースを設けており実際に試乗することが可能です。

またモノレール事業の詳細についても別会場で説明を受けられます。

今後中国都市部を中心に導入予定のモノレールですが、BYDの新しい事業として成長を予定しています。

深圳BYDの担当者とビジネスマッチングも可能

視察プログラムとは別にBYD内部の担当者との面談をアレンジすることも可能です。

部門によって対応できない可能性もありますが、電池部門、デザイン部門、海外サポート部門など深圳坪山を拠点としている事業部であれば担当者との交流が意見交換・ビジネスマッチングが可能です。

深圳視察・BYDとのビジネスマッチングをご希望の方はお気軽にご連絡ください

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント