中国人のインバウンド最強集客ツール 大衆点評の活用方法

中国トレンド

中国人旅行客に効果的なプロモーションを行うなら大衆点評がおすすめです。中国人であれば基本的にダウンロードしてあるアプリなので誘導しやすいのが最大の強みです。

日本の飲食店で中国人集客をする際のポイントを説明致します

中国人の飲食店探しプラットフォーム 大衆点評と美団

中国人が最も利用する飲食店アプリは美団と大衆点評の2つです。

この2つのアプリは飲食店を調べるだけでなく、映画館や、観光施設、タクシー配車、ホテル予約、出前など幅広い利用範囲があり、基本的に中国人はこのどちらかを使って飲食店を検索しています。

中国国内では2大プラットフォームの美団と大衆点評ですが、美団は中国国内での利用をメインにしているので、日本の飲食店で掲載して集客したいのであれば大衆点評一択でOKです。

大衆点評とは

大衆点評は2003年からサービス開始された飲食情報アプリです。

日本でいうぐるなび、食べログと同じような使い方が中国内でも大衆点評を使ってされています。

また登録ユーザー数は6億人を超えており、レビューアプリとして絶対的な存在感を示しています。

日本を訪れる中国人旅行客の多くも大衆点評のレビューを参考にしており、大衆点評を導入することで中国人集客ができるようになります。

また、レビューにより、口コミ効果で多くの中国人へ訴求することができるので、広告効果も大きいのが特徴です。

大衆点評を導入検討している飲食店へのアドバイス

大衆点評に掲載したいと思った場合、専門代理店がありますのでその代理店を使って依頼するのが一般的です。

実績が多く、月16000円~と低額プランから用意されているのがインバウンド対策.comの大衆点評導入サービスがあります。



では実際に大衆点評に掲載すれば自然と中国人集客ができるかというとそうではないので注意が必要です。

もちろん大衆点評に掲載することで、プラットフォーム経由である程度の集客が実現できるようになりますが、そもそも中国人が店舗周辺に訪れないような環境であったり、駅から極端に遠かったりするとさすがに集客は難しいです。

また大衆点評で訪れたお客様をレビューに誘導したり、大衆点評割引などキャンペーンを実施することで、口コミ効果で宣伝効果が生まれます。

注意したいのは来客した中国人旅行者に対してのマニュアル(中国語メニュー・中国の習慣に合わないやり方・中国決済対応)が整っていない場合、せっかく来客しても悪いレビューが付き悪影響になります。

大衆点評以外掲載のほかにするべきチェックポイント

中国人向けに集客を考えている飲食店は、まず大衆点評を中心に展開するのが良いと思いますが、以下のチェック内容がしっかりと対応できているかも合わせて確認すると良いでしょう。

中国人対応するための基本の10チェックポイント

そもそも中国人旅行客が訪れる環境か

看板に外国人でも分かるような案内がされているか?

店員に中国人対応スタッフがいるか?

中国語メニューがあるか?

時間制や時価など日本独特の表記について説明してあるか?

大衆点評のレビューを誘導するような仕組みがあるか?

分かりやすい名前のメニューになっているか?

盛り付けに工夫がされているか?

アリペイ・Wechatペイの中国電子決済対応しているか?

大衆点評のレビューに対しての対応をしているか?

飲食店の中国人集客にお悩みの方は、弊社のSNSアカウント活用や、大衆点評、中国人向け広告などの活用を御検討ください。

お問合せは下記フォームから宜しくお願い致します。

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント

  1. […] […]