上海の口紅自販機が流行りすぎててヤバい

中国トレンド

ニーハオ!イマチュウ代表のバヤシです。

イマチュウは、日本と中国に拠点を持って活動しながら、最新の中国トレンドをお届けするメディアです。

今日は上海で見かけた大行列できている話題のスポットについてお伝えします。

行列ができているのがこれです!!

 

 

 

 

 

 

MARIE DALGARという中国の化粧品ブランドの口紅自動販売機です。

最初は何をしているのか分かりませんでしたが、みんなスマホで読み取って購入していました。

MARIE DALGARの設立は2006年で、最初はマスカラを主製品として展開していました。

上海のクールで都会的なイメージ戦略が当たり

爆発的なヒットを記録しました。

その後はアイシャドーやアイライナーなども立て続けにヒットを出し

現在は幅広い化粧品を取り扱うブランドとなっています。

そして今回の口紅ですが、自動販売機を設置して3日の間に1600本を販売するという

記録を打ち立てました。

上海のデパートでも長蛇の列ができていました。

自動販売機は、バーコードをスキャンして、その後アプリ内で自分の好きな口紅を選ぶようです。

売価はなんと5元。

色のラインナップは24色となっています。

5元でMARIE DALGARの口紅が買えるということで話題になっているようです。

並んでいる人達は20代の若者が多く、機械で買うのも結構時間がかかるため

最後尾の人は1時間以上待つことになるでしょう。

それでも欲しいと思わせる凄さを感じました。

もちろん5元で販売しては利益は出ないでしょうが、

バーコードでスキャンさせることで、他の商品や自社のブランドを浸透させるには効果的だと感じます。

化粧品メーカーは如何に顧客を取り込むか各社工夫をしていますが、

MARIE DALGARのITを駆使した販売戦略は他社の一歩も二歩も先を行っているようです。

いかがでしたか?今回は中国の口紅自動販売機について説明しました。

イマチュウでは最新の中国情報を伝えることを目的に情報発信をしています。

もしよければ記事のシェア、イイネお願いします。

 

 

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント