上海のシェアオフィス・コワーキングスペース ANKEN(安垦) 

By
約 1 分
上海のシェアオフィス・コワーキングスペース ANKEN(安垦) 

ニーハオ!イマチュウ代表のバヤシです。

イマチュウは、日本と中国に拠点を持って活動しながら、最新の中国トレンドをお届けするメディアです。

今日は中国の最新シェアオフィス・コワーキングスペース事情をお伝えします。

 

ANKEN(安垦)が運営するANKEN Warehouseは上海スタートアップの一大拠点に

ANKEN(安垦)は上海に拠点を置く不動産開発企業です。

http://www.ankengroup.com/cn/

スタートアップ企業向けのオフィスも多く入室しています。

上海に8拠点あり、静安区に本拠点があります。

上海のシェアオフィスANKEN(安垦)の施設紹介

シェアオフィスが利用できるのは静安区の1拠点ANKEN GREENのみです。

既にたくさんの企業が入居されていますが、基本は個室ですね。

施設内には多くのスタートアップ企業が入居していました。

ANKENの住所は

668 Huai An Rd, Jing An District, Shanghai
上海市静安区淮安路668号安垦绿色

白い6階建てのビルが目印です。

中はリノベーションされているので、新しい雰囲気ですね。

階段を上って2階に上がると受付があります。

右が受付 左が入口です。

4人掛けの会議室が2つありいつでも利用可能です。

一人あたりの机が広いです(180㎝位)

ドロップインの利用者はまだ少ないようです。

全ての机に鍵付きの袖机があり、月会員になれば座席は固定されるので

荷物を置いておくことも可能です。

コピー機・プリンターも利用可能です。

月会員になれば100枚の白黒コピー(印刷)が料金に含まれています。

大会議室は10人以上収容可能です。

窓側なので外の景色も楽しめます。

月会員の関係者であれば自由に使っても良いと言っていました。

程よく奥まった場所にあるので、都会でありながら緑も結構あります。

ラウンジルームには座り心地の良いソファーが置いてあります。

月会員は24時間利用可能なので、疲れたらソファーで休憩もできます。

昼休みに寝ている人もいました

キッチンスペースもあり、自由に利用できます。

会議スペース以外での飲食も可能です。

一階にあるレストランはピザやパスタなど洋食が美味しかったです。

値段もパスタ35元程度とお値打ち。

朝食セットもあるようなので次回挑戦したいです。

欧米人はレストラン横のテラスでミーティングしていました。

天気の良い日はテラスで仕事するのも気分転換に良さそうですね。

上海のシェアオフィスANKEN(安垦)を使った感想

実際に利用してみたのでその感想をお伝えします。

私は静安寺駅からシャアサイクルで来ましたが、大体2㎞位10分以内でした。

料金体系

料金は月会員と、1日のドロップインの2種類です。

月レンタルの場合

2,200元/月

※今だけのキャンペーン内容

1ヶ月契約で+1週間分無料使用可能

3ヵ月契約で+2週間無料使用可能

6ヶ月契約で+1ヶ月無料使用可能

 

1日のみのドロップインは

90元/日

※ドロップインの場合は午後6時までです。

 

シェアオフィスの雰囲気

シェアオフィスは約6,000㎡のワンフロアなので凄く広いです。

開放感があり、作業する環境としては気持ち良かったです。

机も広く、月会員は座席も固定されるので毎回かたずける必要もないのが良いですね。

同じフロアにスタートアップ企業の社員が何名かいましたが、

私が利用した時はドロップインの席を使っている人は数名だけでした。

人の出入りもそんなに多くなかったので落ち着いている印象ですね。

受付の人は親切に対応してくれました。

入居しているのは欧米人が多かったですね。

日本人はいませんでした。

ネット環境

仕事をするのにネット環境は大事です。

WI-FIは完備されており、スピードも速いです。

実際に回線速度を測定してみました。

ストレスなく利用できる速さですね。

中国内では十分な速度だと感じます。

周辺環境

周りは住宅街が多くて落ち着いた印象です。

食事するところは正直少なそうです。

最寄り駅は13号線の江寧路になりそうですが、歩いて10分程かかります。

静安寺駅、南京西路駅からそれぞれ2㎞程度なので自転車でこれば5分程度でしょう。

上海駅からも近いです。

 

 

まとめ

上海のシェアオフィスANKEN(安垦)はリノベーションされた建物を広く使えるので

作業もしやすく、落ち着いた空間でした。

インターネット速度も速く、受付も丁寧に対応してくれたのが好印象でした。

月会員になれば2,200元で24時間利用可能となりますので、

スタートアップ企業にはおすすめです。

入居企業通しの交流の為のイベントや、

ピッチイベントなども積極的に開催しているようです。

 

上海の中心部にアクセスしやすく、上海駅にも近いので出張が多い人なども使いやすいですね。

興味がある人は一度ドロップイン(90元/日)で利用してみることをおすすめします。

個人的には静安寺から近く、のんびりと仕事できる空間は気に入りました。

 

 

ANKEN(安垦)

住所:668 Huai An Rd, Jing An District, Shanghai
   上海市静安区淮安路668号安垦绿色

百度MAP:http://j.map.baidu.com/tSunN

電話:021-60831000

ホームページ http://www.ankengroup.com/cn/

 

シェアオフィスではなく、個別の入居レンタルもありますので、

詳細を聞きたい場合は直接以下の連絡先へ訪ねてみてください

 

 

イマチュウの中国ニュースが気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメント&意見

*
*
* (公開されません)

イマチュウをシェアする